Friday, February 3, 2023

KOSHO & CO. “JAPAN MAP” × “CHERRY BLOSSOMS & EAGLE”






 港商
KOSHO & CO. Special Edition
“JAPAN MAP” × “CHERRY BLOSSOMS & EAGLE”
(HAND PRINT)


日本地図を挟んで鷲と龍が睨み合う1950年代の作品。西の地名が多いことから、その周辺の米軍基地で販売されていた可能性が高い。ボディの配色と対照的な赤いリブもヴィンテージに準じた仕様。

リバーシブル面はプリントの鷲柄で、近代的な機械のプリントではなく、1色ずつ版を作り、その版を手作業で摺り重ねていく手捺染(ハンドプリント)によるもの。手間と時間、そして高度な技術を要するため、当時の生産も極少数。ヴィンテージ市場では入手不可能と言っても過言ではない。「スカジャン展」の主役のひとつにも選ばれたその希少な鷲柄を、2023年春の新作として復刻する。 











REVERSIBLE













LET IT BE CLOTHING
ONLINE SHOP CHECK HERE
↓↓↓
   
http://letitbeclothing.shop-pro.jp/


LET IT BE CLOTHING
 
 
当店は"人と人"に重きを置いた服屋です。

860-0848 熊本市中央区南坪井町8-28
TEL/FAX: 096-273-7387
  MAIL:let.it.be.clothing121@gmail.com

 
※最新情報、営業時間等はコチラをご覧下さい!
↓↓
https://let-it-be-clothing.business.site/


Thursday, February 2, 2023

FULLCOUNT DENIM CAP (フルカウント・デニムキャップ)


 

デニムブランド・フルカウントが創るベースボールキャップ。1900年代初期のフォントで作製した、ブランドの頭文字「F」をフェルトワッペンを加えられたベースボールキャップです。

 
 


 


Color : Indigo Denim


 
 Color : Black Denim

 
 

 


 

 

 
 




「FULL」ワッペンデニムキャップ。「F」ベースボールキャップに比べ、被りが浅く、ツバが少し長めであるのが特徴。菊穴(通気口)を無くし至って至ってシンプルな作り。










「FULL」ワッペンデニムキャップと同型のプレーンタイプ。ご要望によってはオリジナルノカスタマイズも行ってます。





LET IT BE CLOTHING
ONLINE SHOP CHECK HERE
↓↓↓
   
http://letitbeclothing.shop-pro.jp/


LET IT BE CLOTHING
 
 
当店は"人と人"に重きを置いた服屋です。

860-0848 熊本市中央区南坪井町8-28
TEL/FAX: 096-273-7387
  MAIL:let.it.be.clothing121@gmail.com

 
※最新情報、営業時間等はコチラをご覧下さい!
↓↓
https://let-it-be-clothing.business.site/

 

Tuesday, January 31, 2023

FULLCOUNT Zimbabwean Mother Cotton Sweat Pants















170cm/ 65kg Size : L (40)











Zimbabwe Cotton Sweat Fabric

フルカウントの吊り編みスウェットはジーンズと同様に創業時より作り続けているプロダクトです。フルカウントのデニム同様の着心地をスウェットに落とし込むプロダクトには、この吊り編み機でないと作ることが出来ません。
デニムを創りあげたコンセプト同様に1940~1950年代の古き良き時代のスウェットの耐久性と着心地の良さの魅力を追求し行きついたのが吊り編みのスウェットだったことが分かりました。
フルカウントのデニムの特色であるジンバブエコットンの繊維の長さと強度、綿の持つ油分、そういった特色を最大限に活かした織り方で力織機のスピードも他の織機よりも弱テンションでゆっくりと織り続けています。穿き込むことで味わえる柔らかさはどの様なデニムの生地よりも最高の穿き心地を生み出します。
ただジンバブエコットンだから柔らかい、穿き心地が良いという訳ではなく、フルカウントのデニムがなぜ良いか、それは綿の特性の理にかなった方法で紡績から織りまでを拘り作り込んだ結果なのです。
フルカウントのデニムが力織機でないと生み出せないのと同様に、スウェットは吊り編み機でないと生み出せません。


 


吊り編み機は一日に約10mしか編み上げることが出来ず、比べてシンカー編み機ではその15~20倍の生産量。シンカー編み機は大量生産に向きTシャツやスウェットの相場も安くなりました。ただし、編む際に糸を引っ張りながら高速で編み立てていく為、生地への負担も大きく品質の低下に繋がりました。
実際にシンカー編みの生地と吊り編みの生地では表糸、中糸の長さも異なりシンカー編みの生地では中糸の長さが吊り編みの生地より短い為、負荷がかかると中糸が先に切れてしまいます。結果、耐久性や伸縮性も吊り編みの生地に比べると劣ってしまう。縦横に伸縮する吊り編み生地に対し、縦にしか伸縮しないシンカー編みの生地は耐久性として半分ほどといわれています。
 
吊り編み機の複雑な構造をしたギアの整備も1時間に一度の掃除や点検を行うなど、かなりデリケートな編み機であり、現存する編み機はほぼ日本の和歌山にしか無い現状で生産性も低い大変貴重な編み機であることが分かります。




糸自体にテンションをかけず編む為に力織機同様に空気を含みながらふんわりと自然に編み下げられ、弱テンション故に糸の使用される分量も多く耐久性も増した生地は大変貴重です。
また、通常スウェットは生産工程上編み立てた生地を裁断し、縫製した後に染色やプリント加工を行う、つまり後染めの工程があります。
フルカウントのスウェットは表糸にジンバブエコットン先染の原糸と、粗挽き杢糸を使用。更に裏糸には同じくジンバブエ産の収穫量の少ない茶綿(原綿)の強ムラ糸を使用している為、綿花本来の柔らかさと肌触りの良さを実感いただけます。
手作業に近い丸起毛を荒々しく施し、高温洗い工程を旧式のウインス機で、そして乾燥工程も大型のガスタンブラーを使用する事により、時間をかけて仕上げた雰囲気のあるものになっています。
単純に吊り編みのスウェット生地というだけで希少な生地の上、高級綿であるジンバブエコットンの特性により着用後の馴染み感、風合いも増し、洗い込む程更に柔らかさを増す、一線を画す吊り編みスウェットを作り上げました。